忍者ブログ
Lupia's journal REVISED
「 Osanpo回顧録 」
Profile

Lupia the Assailant

前からでも後ろからでも
逝ける汎用AssAssIn
Motto:文武両道
好物:クエスト、本、マント

→EQ2Players
→ASN memo Index
Twitter
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Recent Comments
[スゴイ!!!! 04/01 ADHD失敗ザク]
[無題 03/30 Lulilie]
[無題 03/29 NoNameASN]
[無題 03/27 NoNameASN]
[無題 03/27 Mishe]
in-blog search
Counter
Copyrights
Everquest is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. -in the U.S. and/or other countries.. (C)2004 Sony Computer Entertainment America Inc. All Rights Reserved. 当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
--------
OTHERS
Powered by 忍者ブログ
Templated by TABLE ENOCH


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



時期としてはEoF中期、ってことは2007年の初夏くらいだったかな、所属してたレイド団体が崩壊しちゃって、いや、させちゃってね。ここらへんのこともしっかり思い出して書けば面白いのかもしらんけど、これはまた別の機会に。

それまでの僕はクエストの数をこなして頑張るタイプのEQ2プレイヤーで、レイドやってたのもレイド絡みのクエストをやりたかったから。DTAQとか大変だったじゃない、覚えてる?

団体では週2~3回くらいやってたと思うんだけど、そんなにやってると楽しくなっちゃって、レイドのほうに本腰入れようかな、と。で、移籍先は・・・というとギルド運営=レイド攻略をまんまやっているところはRat EmpireとOsanpoしかなかった。Havenが頭に無かったのは既に崩壊してたのかな? その内ASNを募集してるのがOsanpoだったってわけ。当時のRatにはPermax先輩がいたしね。

ある日の夜更け、Osanpoのレイド時間が終わったころを見計らって当時GLのDaivicheにtellしたのはヘイブン(ギルドじゃなくて裏切りクエストの中継拠点)からだった。これもFP/QY両陣営のクエを最大限受注するためにExiledで通していたので、彼には随分と訝しがられた。クラスはASNでRNGになるつもりはない、レイド進行上で必要があるならいつでもFPに戻る、とかの話を結構長くしたように思う。

まだ団体でのレイド予定が残っていたので、guildinviteの日程を約束してログアウト。


おまけ
206 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2015/03/26(木) 12:49:56.36 ID:BiKLiE7N0
ttp://lupia.blog.shinobi.jp/ 
男女問題も明らかにしたる 

男女問題なんて、僕がいたころは毎日レイドだし、オフパコ(肉の万世でパーコー麺を一緒に食べることです)する暇なんかあるわけないやん。爛れたOsanpoのことはとしぞーさんに聞いてください。
PR


なにやら古巣が大騒ぎらしい。
乱れ飛ぶtweet、憶測する外野、そしてここぞとばかりに荒ぶるspells。
対外的な発表こそないものの、どうやら活動停止して分裂するとのこと。

顛末を聞くに付け、Agsisことからあげくんと現(?)GLとのスタンスの相違が発端らしい。
さもありなん。GLって僕の脱退後の加入ですれ違い、要するに週5活動になってからの新参でしょ。
ここは古参風吹かさせてもらいますよ、だって実績ダダ下がりだったじゃん。spellsの記事でさんざっぱら馬鹿にされて、よく続けていられるなと不憫に思っていたことしきり。
そしてかたやからあげはRoKのOsanpo黄金期の戦友。それだけでもう僕的にはからあげのほうが正しいわけです。

なんでも、楽しく仲良くレイドやれないならOsanpoじゃないので解散します、って言ったとか言わないとか。いったいどこまで勘違いすればそういう発想になるんだろう。楽しく仲良くだけじゃできないことを突き詰めて結果を出し、お互いを讃えあおうってのがOsanpoのモチベーションではなかったのか?

一定以上の期間在籍し、それなりの貢献をした旧メンバーは皆、少なからず思っているだろう。
「自分が在籍した期間こそが真のOsanpoだ」と。
もちろん僕もそう思っている。僕は週5活動に切り替えるタイミングで脱退した。そんなことをするくらいならいっそのことギルドを解散しろとCatoに直談判したが聞き入れられなかったからだ。
Osanpoはあの時点で終わっていたことは間違いない。あの時解散しなかったCatoの罪は重い。

今後は僕のOsanpo入団からの回顧をここでやろうと思う。アレも!コレも!乞うご期待!


[PR]